日本人の友人と英語勉強会

アメリカにいるのにわざわざ日本人と英語を学ぶ意味があるのか、と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私自身もこちらに来るまでは、どちらかと言うとそう考えていました。

しかし、親友がベイエリアに引っ越してきたことをきっかけに勉強会を始めてみたところ、日本人同士だからこそ得られるメリットがたくさんあることに気づきました。

そこで簡単ではありますが、本記事で私が行っている英語の勉強会についてご紹介していきたいと思います。

f:id:cat-named-koharu:20210611083005p:plain

 

方法

地理的な理由からzoomで行いました。

結果としてはとても良い選択だったと思います。

 

オンラインであることで、教材を印刷したり購入したりする手間が省け、わからない発音や単語もその場ですぐに調べることができます。

また、お互いの家やカフェ等に行く必要もないので、移動や片づけに時間を取られることもありません。

 

仮にもし今後、近所に住む友人と英語学習をすることになったとしても、私はオンラインでの開催を強く希望するだろうと思います。笑

 

頻度、内容

一週間に1回、1時間程度で行っています。内容は以下の2つです。

 

①新しく知った英単語やフレーズを5つ紹介

②ディスカッション

 

①の良さは、毎週新しい単語を5つ見つけるというノルマを自分に課すことで、知らない単語や表現を積極的にメモし、記録する癖がついた点です。

以前、私は新規の英単語に出会っても面倒くさがって調べないことが多かったのですが、自分で調べることで単語の定着率も上がった気がします。

 

②については、気心の知れた日本人同士なので、発音や文法、単語のミスなどに構わず話す練習ができる点が良かったと感じています。

英語に慣れるにはアウトプットの量が重要なので、気負わず練習できる場を持つことはとても大切です。

 

なお、勉強会を始めたばかりの頃は、帰国後のビジネスシーンに備えてショートプレゼンにも挑戦しました。

しかし事前準備に時間がかかり負担が大きかったことや、その割にそこまで英語の伸びを感じなかったことから、現在は上記の2つに落ち着いています。

 

ディスカッションの教材

主に、DMM英会話のDaily Newsを使っています。

 

こちらのウェブサイトのポイントは、DMM英会話ユーザーではなくても無料で利用できるところです。

記事の内容も面白く、ディスカッションのテーマも各記事につき10個もついています。

 

私は一度、自力でディスカッションのための記事選びや質問選びを試みたことがあったのですが、かなりの時間と労力がかかってしまいました。

もちろん、Daily News以外にも魅力的な教材はたくさんあると思います。

ぜひ自分に合った教材を見つけて楽しんでくださいね。

 

メリット・デメリット

メリット:

・緊張しない分、堂々とたくさん英語を話すことができる。

・うまく英語で話せない時は、その場で一緒に単語や表現を調べられる。

・異国間であるが故のセンシティブな話題(人種問題やお互いの国の経済レベルなど)に気を遣う必要がない。

 

デメリット:

・ネイティブスピーカーの言い回しを学ぶのには適さない。

 

最後に

私は怠け者なので笑、独りだとついつい英語の勉強をサボってしまいます。

しかし友人との勉強会を設けることで、強制的に英語を話す機会を作り、結果として以前よりもすらすら言葉が出るようになったかなと思っています。

 

また、英語学習の効果以外に、アメリカ生活で感じた喜びや不満などを日本語で共有できる点もポイントです。

概して知らない土地では、気軽な話相手を見つけることが難しく閉塞的な気分になりがちですが、私は気心の知れた友人と話すことでかなりストレスを軽減できました。

 

英語力向上はもちろん、メンタル面でもとても効果がある英語勉強会。

もし興味があれば、身近にいる友人と試してみてくださいね。