FMラジオ

インターネットが発達した現代、多くの人にとってラジオは身近な存在ではないかもしれません。

実際のところ、私も日本にいた時にはほとんど活用したことはありませんでした。

しかし、英語耳を鍛えるという観点では、聴覚情報のみのラジオはとても有効なツールになります。

そこで本記事では、サンタバーバラで私が毎日聴いているラジオ局についてご紹介したいと思います。

f:id:cat-named-koharu:20210611074102p:plain

 

概要

局名:KCRW Santa Barbara(周波数:88.7MHz)

KCRWはLAに拠点を置くラジオ局(周波数:89.9MHz)で、ここサンタバーバラでも周波数を変えれば聴くことができます。

NPR(National Public Radio)というアメリカの公共ラジオ局と提携しており、音楽やニュースを中心に色々なコンテンツを提供しています。

 

番組スケジュール

一週間の番組表は公式ウェブサイトで確認できます。

 

私がよく聴いている時間帯は以下です。

 

・平日午後(12:00~20:00):

ニュースが流れています。時間帯によって異なりますが、全国版、南カリフォルニア版の両方のニュースを聴くことができます。我が家にはテレビがない分、現地の情報をすぐに得る手段としてもラジオは非常に役立ちました。

 

・土曜日午前(9:00~12:00):

1時間のプログラムが計3つあり、各時間にはそれぞれの番組テーマに沿った内容が放送されています。科学や文化など教養的なものが多く、個人的には一週間で一番好きな時間帯です。

 

・土曜午後(12:00~12:30):

平日午後同様、ニュースが流れます。

 

・日曜日午前(6:00~12:00):

6:00から11:00までは様々なトピックについてのニュースが流れています。11:00からは一般の人が登場し、10~15分程度の個人的なストーリーを語るコーナーになります。観客もおり、雰囲気としてはTED Talkに近いです。戦争やテロといった重い話題から、パスポートを忘れて旅行に行けなかったという軽い話題まで、様々なエピソードが楽しめます。

 

おすすめ番組

私のお気に入りは、土曜朝11:00からのGood Foodです。その名の通り食べ物がテーマのコーナーで、LA内外のグルメ情報を発信しています。

毎週数名のゲストが登場し、ホストはインタビュー形式で彼らの知識や経験を掘り下げます。

シェフはもちろん、生産者や料理本の著者、グルメライターなどがゲストとして呼ばれ、扱われる料理や食材も国籍問わず多岐に亘ります。

 

皆さんは子ども時代、絵本に出てくる異国の料理を想像してワクワクしたことはないでしょうか?

ラジオも同じで、情報が音声に限られる分、知らない料理の味や見た目について想像を膨らませることができます。

ある時は焼きたてのキューバ料理の香りに鼻孔をくすぐられ、またある時はファーマーズマーケットに並んだエディブルフラワーの美しさに魅了される。

毎回、音声を通して伝えられる情報にあれこれと思いを巡らせることで、私はとても幸せな気分に浸れています。

 

ちなみに、聴いていると次第にお腹が空いてくるので、土曜日はいつもより美味しくお昼ごはんを頂けるというのもポイントです◎笑

 

Good Foodの配信済みコンテンツはこちら

 

英語のレベル

アメリカ人向けなのでナチュラルスピードですが、はっきり発音されるので比較的聴き取りやすいです。

視覚情報に気を取られず聴覚のみに神経を集中できるので、個人的にはテレビのニュース番組よりも理解しやすいと感じています。

知らない単語は出てくるものの、毎日聴き続けていると何となく意味を推測できるようになりますし、その場で調べるとより効果的な学習ができます。

 

放送内容が理解できるか否かは、コンテンツに依る部分も大きいと思います。

政治・経済問題の場合は、ハイレベルな単語が頻出する上に前提知識も必要になるので、私はいまだに少し苦手です。

例えば、今から2年ほど前に報道されていたドナルド・トランプ氏のウクライナ疑惑に関するニュースは、あまりにも難しかったので途中から理解を放棄していました。笑

そもそもアメリカの政治制度や政治家に関する知識がなかったため、仮に日本語で聴いたとしても大して分からなかっただろうと思います。

 

一方で、この記事を書いている今現在、ラジオはコロナウイルスによってデートの在り方がどう変わったのか報じています。

「dating app(マッチングアプリ)のプロフィール欄にワクチン接種済みであることを記載することで、自分をより魅力的に見せる流れが生まれている」など、ライトな内容を扱っているので理解も容易です。

 

もし初めて聴いた時に少し難しいと感じたとしても、ぜひそのまま聴取し続けてください。時間帯が変われば、もっと簡単な話題になり楽しめるかもしれません。

 

おすすめの聴取方法

作業の片手間に聴くと、時間を効率的に使えて良いと思います。

例えば私は、散歩や料理の最中によく聴いていました。ただ、運転など集中力が必要になる時には不向きかもしれません。

 

なお、公式ホームページにアクセスすればインターネット上でも聴くことができます。

好きなプログラムを逃してしまった場合や、もう一度聴きたい場合はぜひウェブサイトを活用してみてくださいね。

 

メリット・デメリット

個人的に感じたメリットとデメリットをまとめます。

 

メリット:

・リスニング力がかなり向上する。

・お金がかからない。

・現地の情報をすぐに入手できる。

 

デメリット:

・一定のリスニング力がないと理解が難しい。

・作業の合間に聴く時は、怪我や事故に注意する必要がある。

 

「一定のリスニング力がないと理解が難しい」と偉そうなことを書きましたが、その実、私の語学力も大したことはなくアメリカ人同士の雑談などはなかなか聴き取れません。。笑

しかしその程度の英語力であっても、ラジオであれば概ね7~8割以上は理解ができています。

実際に利用してみると、発音がクリアなので存外分かりやすく感じられると思います。

 

最後に

私はラジオを毎日1時間程度聴くことによって、リスニングがかなり向上しました。

実際の成果として、英語で電話を掛けることに躊躇しなくなりましたし、アメリカ人と一対一で話す際にもさほど緊張しなくなりました。

また以前、大学院進学用にTOEFLを受験していたのですが、ラジオを聴き始めてから3か月でリスニングの点数が上がりました。

 

スキマ時間を使って手軽に英語を学べるラジオ。英語学習にとても効果的なので、ぜひ一度試してみてくださいね!